人がいなくちゃ物がつくれません。

成長が難しい日本の縫製業界ですが、将来的に無くなるわけではないです。

ここ数年の消耗戦の先には「日本で作る理由」も見えてくると思っています。

あばあちゃん、おじいさんに成ってもミシンを踏んでいたいと思っていたら、

試しに応募してみて下さい。

工場とは違う、本当の職人としての、レベルの高いものづくりを伝えて行ければとおもっています。

今期は何とか2名増員をしたいと思っています。

お待ちしております。

履歴書について

現在indeedで、縫製スタッフとアシスタントの募集をしております。

ここのサイトはデーターとして履歴書が添付されますが、正式にご応募頂いた方には「手書きの履歴書」を送って貰うようにお願いをしております。

過去を振り返っても続いている方の履歴書は「しっかり」と書いてこられます。
見るべき所が見えるのが「手書き」だと思っています。

注)文字については私より汚い方は滅多に居ませんので、気にしなくて大丈夫です。

弊社は私も含め全員が縫製スタッフの為、面接にそれ程時間を掛けられません。
過去に全員の方と面接をして、大変な思いをしたことも有ります。

この人と会って話を聞いてみたいと思えるような、「履歴書」をお待ちしております。

外見のリフォーム

内装関係はようやく一段落。

次は壁とドアです。

正面の外壁は交換に成るので、どの様に仕上げるか妄想中。

看板と融合出来るような感じにしようかと。

これで、この先10年は安泰です。

そうそう、数ヶ月ぶりに髪を切りました、スッキリとしました。

募集について

現在、数名の方からのご応募を頂いております。
来週には書類審査を予定しております。

募集の掲載には書けませんが、この先、5年後、10年後、小物縫製のてっぺんを狙うぐらいの気構えの方からのご応募をお待ちしております。

私はとっくにピークを越していますので、年々出来ない事が増えていきます。
この先を支える人材を必要としています。