秋にそなえて

涼しい風が吹き出す頃に備えて、パルスオキシメーターを購入。

恐いのが、新型コロナウイルスとインフルエンザ等(呼吸器系の病気)の合併症。国内では余り症例がないので、無症状でも早く感染を知る為に、部下達の血中酸素濃度をモニターする事にしました。微熱程度だから大丈夫と言ってはいけないと思います。

東京都の基準です。

【軽症】 
▼酸素飽和度(SpO2)96%以上、呼吸器症状なし・咳のみで息切れのない状態 
→多くは自然軽快するが、急激に病状が進行することもあり、リスク因子(高齢や基礎疾患ありなど)のある患者では「入院」とする 
【中等症I】(呼吸不全なし) 
▼酸素飽和度(SpO2)93%超96%未満、息切れがあり、肺炎所見が見られる状態 
→入院の上で慎重な観察を行い、発熱や呼吸器症状への対症療法を実施する 
【中等症II】(呼吸不全あり) 
▼酸素飽和度(SpO2)93%以下である 
→酸素マスクや経鼻カニューレによる酸素投与を行う 
【重症】 
▼ICUへの入室や人工呼吸器が必要な状態

PCR検査の定義が変わったので、春より感染者数が増えていますが、発表されているのは殆ど「無症状」と「軽症」、何となく安心してしまいますが、入院後の数字を追っていくと。

人工呼吸器のみ(全国) 7月1日 54名 → 7月19日 68名

人工呼吸器、ECMO含む(東京) 7月15日 5名→ 7月19日 11名

※日本COVID-19対策ECMOnetよりデーターを抜粋

という感じで、入院後に症状が悪化していく人が少ないとは言え出てきています。やはり、この先重篤者が増えていくのだろうと予測が出来ます。

とは言え、予防していても何処で感染したか解らない状況下では部下達、家族の感染も考えておかないといけないと思います。

お客様にお願いが有ります、この先、新型コロナが落ち着くまで、私の廻りの大切な人達の健康を優先致しますので、納期遅れについて「寛容にご了承」をお願い致します。納期は2週間以上余裕を見て頂くか、余裕がないときはお断りする方向で考えています。

すこしでも、症状が出たときはPCR検査を受けるように進めています。

皆様のご健康をお祈りしています。

サテライト「アトリエ」


将来的に生き残る手段の一つとしてサテライトを考えています。
一カ所集中の生産は「効率」は良いのですが、通勤時間の無駄や、個人としての時間の活用方法が限られます。
この先、一カ所からの収入では無く複数の収入得られるように考えていくと、個人として使える時間を伸ばしていくのがお互いにメリットは有るのかなと。特に都内では分散のメリットが大きい気がします、上手く廻れば個々の「稼ぐ」事に対しての意識も育てられるかと。

縫製業としても、常勤のスタッフの収入をこの先、「毎月保障」をしていくのは正直厳しい気がしています。雇用調整助成金もいつまで15000円貰えるのか解りませんしね。

イギリスではこの秋から徐々に無くしていくそうですし。いくら国の予算とは言え、限界はあります。今回の新型コロナが数年続くと考えた場合、元に戻すだけでは対処出来ないと思ってます。

ワクチンが出来たからと言っても、国民全員が打てる環境になるのは、それなりの時間も必要です。インフルエンザでさえ、有効率30%ぐらいだそうです。

最低限の生産設備を備えた場所を分散して確保出来れば、この先の色んな時代に対処しやすく成るかと考えています。
直ぐに動くわけでは無いので、ゆっくり時間を掛けて色んな条件を探って行こうと思っています。

弊社単独だけでは無く、他の組織との連携なども出来たら良いなと思います。各部署のスペシャリストが集まれるような感じが、個人的なイメージです。

新型コロナ対策

やっとツールが揃ってきたので、近々無自覚の陽性者の人数も有る程度予想が出来るかと思っています。

まだ相当居ますよね、慶応大学病院のPCR検査で約6%(大雑把ですが都内で約70万人)、神戸市の抗体検査で3.3%(神戸市で約4万人)と発表されています。

ちょっと気に成るのが、もちろん、検査をした地区が違うので比べるのは余り意味が無いのですが、PCRの陽性者>抗体検査だって事です。

東京女子医大のPCR検査の結果は発表に成るのかな?

無自覚、無症状の人は抗体が出来にくいんじゃないかと、自然免疫で回復しちゃうと、また、罹患する可能性が有るんじゃないかと個人的に思っています。

と言う事で、弊社としてはスタッフの感染予防の為、6月中旬(都内の学校が再開されて有る程度様子を見たいです)までは社内ので打合せは禁止しています。

それまでは、屋外での打合せに成りますので、ご理解の程宜しくお願い致します。

追記です。

スタッフの感染もなるべく避けたいですが、仕事場ではマスクを着用していないので、誰かが感染したら一蓮托生です。

そうなると、2週間の自宅待機に成ってしまい、お客様に迷惑を掛けてしまうので、それだけななるべく避けたいと思っています。

アフターコロナ

最近、各所で良く見かける単語に成りました。確かに「戦後」では無いから正しい言葉と想います。

昨日見た「ユヴァル・ノア・ハラリ」のインタビュー番組で、「コロナとの戦いを戦争に置き換えるのは不適切」との説明が有り、なるほどと思いました。

グローバルなアフターコロナは何となくイメージが出来て来たのですが、これを身近なことに置き換えるのが、中々しんどい作業に成ります。

有る程度経済活動が動き始めたとしても、この先1〜2年、ワクチンの効果が証明されるまで、「ソーシャルディスタンス」は続くと思います。陰性者と抗体を持っている人との共存状態が基礎に成るのでしょうけど、差別的な事が起きないかちょっと心配しています。

サービス業、特に飲食は今までの半分以下の椅子しか置けなくなると思いますし、デリバリーと並行してやって行くには人件費が掛かりすぎます。

移動(交通手段)にしても同じ事が起きると思います。宿泊についても、動線上の距離が取れないと(エレベーターや廊下など)難しいと思います。

私が身を置いているアパレル業界もしんどいです。「試着」をどうするのか?誰かが身につけた服(帽子、靴やバッグも同類です)をそのまま店頭に並べるのは「無理」だと思います。

素材によっては、消毒が出来ない(商品として販売が出来ない)事も考えられます。

通販も「返品」を何処まで認めるのか?隔離した施設で防護服を着て一着毎に消毒をするのは「非現実的」です。

販売をするなら「抗体を持っている人」の方がリスクが減ります。

経営者の立場として、どうせ雇うのなら「抗体を持っている人」を雇いたいです。「陰性者」は今後「陽性者」に成るリスクを持っています。

私はやりませんと宣言しておきますが、この先間違いなく「抗体を持っているかどうか」で収入に変化が出て来ると思います。特に人と接触が必要な業種では顕著に表れると思います。

経済活動が再開される前のこの時期に、法整備や要請をしっかりやって欲しいと政府、自治体、経済団体に求めます。

無理なら、数年で良いのでベーシックインカムの導入を検討して欲しいと願います。これが、陰性者を救える数少ない方法だと思っています。

追記 現在は「陽性者(可能性)」が悪者に成っていますが、今後は「陰性者」が弱者に成っていきます。その変革を現実として受け止める時期に成ったのかと思っています。