日本の自由主義

先日同世代の複数の知人と話をしていて、共通の認識として「他人に迷惑は掛けない」と言う「しつけ」をされたよねと。

守るべき順番として「法律」「条例」そして「一般的常識」「マナー」かなと。中には「ローカルルール」もあるかと思います。

日本人の基礎的な部分の「他人に迷惑を掛けない」はとても日本らしい心得で、他国とは一線を引くものだと思っています。

全体から見ての少数に方はいらっしゃいますが、日本は無宗教主義で合っていると思います、八百万の神が似合っていると思っています。子供のしつけに「妖怪達」を使った昔の日本人には素直に「凄いな〜」と感じています。

前から存在はしていますが、直ぐに「海外では」と言い出す方達がいますが、「他人に迷惑を掛けてでも、自分の自由を守る自由主義の国」と比較すること自体がナンセンスだと思っています。少なくとも、日本はそんな国には成って欲しく無いです。

結果として、世界の中で突出するような人は育てることは出来ないかもしれませんが、高度成長期の「総中流層」を目指せば良いのかなと。

自由って単語は本当に難しいです、正義と同じくらい難しく感じて言います。

人によって、地域によって単語の意味が反転する事が普通の世の中で、何が自分の属している社会での自由であって、何が正しいのか、少なくとも何が間違っていないのかは、他国と比べて述べることでは無いと思っています。

本気で変えたいと思っている方は「国政」に参加するべきかと。

その方が日本の将来に対しても、多様性が生まれる機会に成るかもしれません。