感染が前提

最近、かなり感染に気を使っている方から陽性反応が出たというNewsをちょくちょく見かける様に成りました。

これからは「自分が感染してることを前提に、人に移さない行動をする」から「自分が2週間隔離された場合、何処に迷惑を掛けるか」に少し意識を変えていこうと思います。

経理に関わる立場として、今から月末の支払、来月10日の部下達の給料など、支払の予約をしていこうと思います。早めに運転資金の借入しておいてホントに良かったです。

お客様には「納期の確約は出来ません」とお伝えした上で、出来る事をやっています。テレワークを挟むとどうしても作業が遅れてしまいます。とは言え、休業要請の対象では無いので、休むという選択は難しいです。製造の現場では休んだ分を後から取り返すのは、ほぼ「不可能」です。それでもこの先どうしても休まなくてはいけない日が来ると思います、もちろん、赤字覚悟の上になります。使える助成金、給付金の申請に必要な書類は今から準備をしています。

先日、知り合いの社長さんが体調を崩され、新型コロナの可能性も有ると判断して、2週間の自宅待機を続けています。出社出来ないのですが、社員の居ない休日に出てきて支払など、他の人に頼めない作業を数時間して、触った所を消毒、換気してから帰って休むそうです。

この先半年、一年後、一体どんな世の中が待っていることやら。

どちらにしても、2月までの生活とは全く違ってくるのは、肌で感じます。何をしていけば良いのか、どうすれば飯が喰っていけるのか。技術職としてどの様な生き残りの策が取れるのか。自分の持っている知識、経験だけでは判断出来ないことが多く成りました。

少しでも色んな情報が欲しく、ここ数年使っていなかったプレステ3立ち上げて、トルネ経由でTVのNews(特番)を録画しています。

昨日、NHK BS1で放映していた「コロナ危機 グローバル経済 複雑性への挑戦」はなかなか面白かったです。学者さんの視点はこういうものなんだな〜と感心しながら見てました。

来週も再放送が有るので、興味のある方にお薦めしておきます。

https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-04-25&ch=11&eid=26365&f=2443