弊社の帽子の特徴

布帛の縫製品に限りますが、一般的に帽子の場合、縫製後に熱した金型を使ってプレス(シワや歪みを取る作業だと思って下さい)をしますが、弊社の場合基本プレスをしておりません。

縫いっぱなしの状態で特に手を加える必要性が感じられないからです。

海外製の安い物を洗うと「縮む」「歪む」と良く聞きますが、販売する時に見栄えを良くする為に、技術力の無いメーカーほどプレスの作業を「大きく見せます」、凄いことをしていると思われるかもしれませんが、様は汚く縫い上がった帽子を誤魔化しているだけだと思って下さい。

綺麗に縫製が出来ている帽子は、生地特性を織り込んだパターン通りの違和感の無いシルエットに仕上がっています。

だから、洗っても生地の縮率以外殆ど歪みは出ません。

弊社がバックアップしている個人でやられている方の帽子も、ここ数年で良い評判が定着して来たようです。

アメリカのデザイナーから「貴方のブランドの帽子が好きだ」と依頼を受けてコラボした帽子が、もう少ししたら海外のメジャーな売り場に並びます。

こうやって、少しずつでも弊社が作っている帽子や小物が、メジャーの力を借りなくても世界で認められてきているんだと実感しております。

もうちょっと頑張らないと、と、日々感じています。